「心育て」「体育て」


波動調整(3)

投稿日時:2014/02/24 18:34




「波動調整」の3回目です。

今回のテーマは、「魔法の質問」です。

前回は、その人の出す波長によって、その方向性が決まるということを書きました。
「精妙な波長」は、天国の方向。
「粗雑な波長」は、地獄の方向。

何のことか、さっぱり・・?という方は、「波動調整(1)」から順にお読み下さい。

 

中には、「そうだったのか」と感激して下さった方もあるかと思いますが・・・いつも波動を「幸せ」や「天国」の方向に定め続けておくことが、いかに難しいかということにも、改めてすぐに気づくでしょう。

何故なら、日々、仕事や人間関係のストレス、将来に対する心配、子供のいたずらに「コラ~ッ」「ダメッ」・・・という具合に、知らないうちに幸せとは逆向きの波動を出している場合も少なくないからです。つまり日々刻々、目指すべき矢印の方向がアチコチ向いてしまって、定まっていないということです。
それに、日常的に流れる
ニュース番組の凄惨な事件や、サスペンスドラマ等を見た時に出している波動も・・・、決して美しくきれいな波動ではないはずです。


そんな難しさを知った上で、覚悟して目指すべき方向の矢印を幸せの一方向だけに定め、前を向いて歩いて行こうという・・・そんな共通の覚悟を持った素晴らしい心友が出来たらいいなあという願いもあって、この「波動調整」の文を書き始めたわけです。
是非、仲間になって下さいね。(入会金も会費も要りませんので・・・笑)

仲間になったからといって何するわけでもありませんが、同じ努力をしている心の友がいてくれると思うだけで心強いので・・・
というわけで、「私も仲間よ」という方がありましたら、是非御連絡を下さい。(ハハハ)


前回のブログに登場した恵里ちゃん(「ステキな相談役」参照)も、今日治療に来てくれたのですが、もう心強い仲間の一員です。恵里ちゃん、よろしくね


            
          ( 間もなく医学博士になる

                        恵里ちゃんとマスクコンビで)




さて、前置きが長くなりましたが、これからいよいよ「波動調整」の具体的な方法について書いていくことにしましょう。

で、その方法のご紹介なのですが、便宜上、人間を「肉体・心・いのち」の3つに分け、そのとらえる角度によって、色々なアプローチの仕方が出てきますので、そのいくつかを何回かに分けてご紹介させて頂きます。




今日は、その中から「魔法の質問」という秘伝をご紹介致しましょう。
(以下に書くことは、私の勝手な考え方でありますので、その点ご承知おき下さい。)


で、急に哲学的な話になりますが、時間というものを考えると、
私達は、「過去」に生きてきて、「今」を生き、そして「未来」に生きていきます。
その「過去」と「今」と「未来」を考えた時、その中で、いつが最も大切な時なのでしょうか?


   ・・・ ちょっと、考えてみて下さい ・・・
   ・・・ そして、その理由は・・・? 


勿論、全て大切な「時」に違いありませんが、「波動」を中心に考えた時、最も大切な「時」というのは・・・、「いつですか?」、「今でしょ」というくらい、私はダントツに「今」が大切なのだと思います。

つまり、「今この時に出している波動」こそが最も大切なのだと思うのです。


過去の楽しい出来事を思い出している時・・・「今」 波動が整っています。

未来の楽しみを想像した時・・・・・・・・・「今」 波動が整っています。

反対に、

過去の辛い出来事を思い出した時・・・「今」 波動が乱れているのです。

未来の不安を考えた時・・・・・・・・「今」 波動が乱れているのです。

波動に関して言えば、「過去」も「未来」もありません、関係しているのは「今」
「現在」出している波動だけです。

「今」楽しい気分でいれば、それはその気分を助長してあげれば良いのだけれど、問題は、「今」波動が乱れていて、ベクトルの矢印が地獄の方向を向いている場合です。



このような時こそ、波動調整の為に「魔法の質問」が登場する時なのです。
次の質問を、自分で自分に、そ~っと聞いてみて下さい。

「今、幸せですか?」

「今、嬉しいですか?」

「今、楽しいですか?」

「今、健康ですか?」  

          ・・・・と。


そして、「今」の答えは、「はい」でしょうか? 
それとも、「いいえ」でしょうか?

常識的に言えば、気分が悪かったり、調子が悪かったとしたら当然答えはNO(いいえ)ですよね。それが当たり前で正しい答えだと思います。
・・・
今怒っている人に、「あなたは今、幸せですか?」などと質問でもしようものなら、「ふざけるな」と言って、張り倒されるかも知れません。


常識的にはその答(NO)が当たり前ですが、私達はあえて、非常識に挑もうとしている仲間なのです。・・・この文を読んでベクトルの矢印を天国の方向へ定め続ける
覚悟をした心友は、たとえ今、辛いことがあったり、頭に来ることがあったとしても、その答えは常に「YES」と言って欲しいのです。歯を食いしばり、考える間を与えず瞬間的に「はい」と言って欲しいのです。

そして「YES」と言った途端に、アラ不思議・・・その怒りの波動が、一瞬にして嬉しい・楽しい・幸せ・健康の波動に代わってしまうことが感じられると思います。

                             以上、初級レベル



これで、めでたし、めでたし・・・といきたいところなのですが、
ここで安心してしまってはまだいけません。
一瞬で変わるものは、また一瞬で悪い波動の方に崩れてしまうのです。(アリャ)

私達は、ベクトルの矢印を”一方向に定め続けていこう”という心友なのです。

よって、繰り返しや持続し続けていくことが大切だということです。
・・・気を緩めずに、何度も何度もこの質問を自分に投げかけて、常に「嬉しい」「楽しい」という波動に作り変えていく努力が大切なのだと思います。

是非、「YES」と言い続ける癖をつくっていきましょう。
そうし続けることによって、ひ弱ではない、少々のことではビクともしないような磐石な良き「幸せの波動」が作られていくのだと思います。
「護身道(2)」の項で書きました、脳回路の構築と同じですね。)

 

是非、お試しあれ。

                             以上、中級レベル


 

さらに上のレベルです。
それは、相当努力してきて、かなり磐石になって来たなあと思っても・・・もしかしたらさらに耐えられないほどの大きな試練が襲ってくる場合があるかも知れません。


「なんでこんなことが起きるんだよ~」とか、「取り返しのつかない失敗」「大失恋」「重い病」「離婚」「倒産」「身内の不幸」「大災害」など・・・「これでYESって言えるかい?」というような辛い応用問題が来ることも・・・覚悟の覚悟の覚悟が大切だという・・・上級編として、そこまで言及しておきましょう。

 

本当に立ち直れないほど辛い出来事があった場合は、ちょっとだけ休んでもいいから、私達心友は、それでもまた立ち上がりましょう。

まだ死んでないのだし、生きているのだから・・・。

辛いけれど、私達はその応用問題に対しても、何があっても挫けず堂々と、「YES」と言えるくらい、強くなりたいものです。

「今、私は楽しいですか?」 → 「はい 今、とても楽しいです」と。

「今、私は嬉しいですか?」 → 「はい 今、とっても嬉しいです」と。

「今、私は幸せですか?」  → 「はい 今、想像も出来ないくらい幸せだなあ」と。

                             以上、上級レベル



上級レベルは、ちょっと厳し過ぎですね・・・一応目標ということで、そこまで書いておきました。


大変長い文になってしまいましたが・・・、こんなに長い文をここまで
読んで下って、少し自分も努力してやってみようかなと思った方は、もう私達の仲間であります。

最初は、初級~中級レベルを目指し(それだけでも充分達人レベルだと思います)、是非この「魔法の質問」を心の中に宝物として所持し、自分に投げかけ、レベルアップしていけるよう共に
頑張っていきましょう


今回は、「魔法の質問」という秘伝をお伝えさせて頂きました。

この教えも、是非心の中に大切にしまっておいて下さいね。



  「あなたは、今、喜びに満ち溢れていますか?」

         「YES」「YES」「YES」「YES




PS

沢山の感動を与えてくれたソチオリンピックが昨日終わりました。

浅田真央ちゃんの演技、我家でも手に汗握りながら観ていましたが、本当に愛と光に満ち溢れた演技でしたね。真央ちゃんの高貴な素晴らしい波動を浴びて、日本中の人達が幸福感を味わえたように思いました。

もう一つオリンピックに少しだけ関係したお話を。

一昨日の話ですが、女子ハーフパイプの銅メダリスト小野塚さんと共に強化選手として選ばれ、一緒に練習をしていたという、小さい頃から知っているたかおちゃん(新潟出身)と新橋で会って飲んでおりました。

「何であんたがオリンピックに出ないのよ。」とか酔った勢いで、悪たれをつきましたが、・・・そんな話を楽しく聞きながら、少しオリンピックが身近に感じられました。


                                      
                                  良い気分の私とたかおちゃんです(笑)






Powered by Flips