「心育て」「体育て」


波動調整(4)

投稿日時:2014/03/08 22:22




波動調整の4回目です。
今回のテーマ、は、「心のデトックス」です。


前回は、「いつも心を、幸せの状態にし続けておく」為の、魔法の質問をご紹介しました。

心友の皆さんは、さぞ頑張って実行していることでしょう・・・でもやってみた人ならわかると思いますが・・・周りの環境等で、いつも機嫌よくしているということが、いかに難しいかということに気付きます。

コツは、くじけずにやり続けること・・・それしかありません

「魔法の質問」を使って、常に心を上の方(精妙な波長)に合わせていられるよう努力していきましょう。我々はそういう覚悟を持った心友・仲間なのですから・・・。

でもせっかくそういう仲間がいるのだから、たまに「少し、くじけてしまった。」とか「頑張ってますよ。」なんてメールも頂けたら嬉しく思います。

皆でシェアしながら、自分の他にもそうやって頑張っている仲間がいるんだなと思うだけでも、きっと頑張れることでしょう。メールの方、よろしくね。


でも、もし今現在、周りの環境や人間関係がひどく悪かったり、とても辛い状況に立たされ悩んでいるとしたら、もしかしたら今自分が出している波動が、そういう環境や人間関係を引き寄せている結果なのかも知れません(= 今の自分にぴったりの環境かも?)。

・・・そうだとしたら、やはりその根本の解決策として、自分の出す波動を良い波動に変化させ、そして維持し続け、その結果として、現実の周りの環境や人間関係をも良いものに変化させ、幸せだらけになってしまいましょうという願いが、今回の波動調整を書き進めている目的であります。

私はそういう幸せ仲間を作りたいのです。
ということで、仲間になって頑張ろうという方を募集していますので、「それならば了解という方がありましたら、是非御連絡下さいね。

(「体操の時間」では、この波動調整をより深く行なうつもりですので、時間のある方はそちらの方にも、是非御参加してみて下さいね。)



では、今回のテーマといきましょう。

波動調整には、「悪い波動を出すこと(消すこと)」(陰)と、「良い波動を入れること」(陽)があり、その両方が大切になってくると思います。


で、今回は、「悪い波動を出す」という方をテーマにして書いていきます。

ズバリ「心の浄化(デトックス)」です。

もしかしたら、「エッ、心の浄化・・・?」という方もあるかも知れません。


肉体の浄化(デトックス)については、ご存知の方も多いと思います。

・・・例えば、断食をして、小腸の壁にヘドロのようにこびりついている宿便(真っ黒く汚い便)を取り去って、腸の働きを良くしたり、浄化力(排毒作用)の強い葉緑素や健康食品を摂って、毒素を出し、血液をきれいにして、健康の増進をしていきましょうという・・・排毒・浄化の考え方がデトックスです。

そして、排毒した上で、出来るだけ悪い添加物や農薬などを体内に入れないように気を付け、食べ物は自然の良い物、エネルギーの高い物を選んで、取り入れていきましょうという考え方が、とても大切だと思います。
(私の両親は老体にムチ打って、治療室のすぐそばで、春日部自然食品店を40年続けております。安心の出来る食品が並んでいますので、是非のぞいてみて下さいね。)


で、いよいよ「心の中の排毒」ですが、上記の体の場合と同じことが、心にも当てはまるのです。


実は、心の奥底の方にも、ヘドロのように汚い“オエッ”となるような汚物が沢山詰まっているということに気付き、それをうまく処理していかなくてはいけないのです。

 

その心の中の汚物とは、一体どんなものなのか? ・・・、それは心の奥底に黙して潜んでいる悪魔のような「マイナス感情」「コンプレックス(劣等感)」なのです。それこそが、私達の足を悪い方へ引っ張っている大きな元凶の一つだと思います。


例えば、心の中に潜んでいる「マイナス感情」の一例を挙げると、
・・・私がまだとても可愛いかった小学3年生の時、担任の女の先生に皆の前で強烈なビンタをもらったことがあるのです(悪ガキだった?)。実は子供ながらに理由があり、とても傷ついた思い出があります。
勿論普段はそんなこと、すっかり忘れていますが、今でも目を閉じてその時の状況を思い出すと、たちまち眉間にシワがより、苦痛な表情に変わってしまうことに気付きます。・・・ということは、その思い出は、40年以上経った今でも、私の表情を苦痛に歪めてしまう程の強力な悪いエネルギーを持って、私の心の中にしっかり潜んでいたということなのです。

私の心の中には、そのようなことが他にも沢山あります。

過去、そして現在のつらいこと、傷ついた出来事、傷つけられた言葉、また人を傷つけてしまったこと、人を裏切ってしまったことや悪事、恥ずかしかったことや挫折、失敗、怒り、そして人に言えないようなコンプレックスや劣等感、それから将来の不安や恐れ・・・・考えただけで、私の表情を歪め、全身が硬直し、震えまで起きてしまうほどのゴミの山が・・・。

多分、皆さんにも、人に言えないような、そういったことが一つや二つは・・・もしかしたら数え出したら沢山あるのではないでしょうか・・・?
親子の問題、嫁姑の問題などは、割ときついかもしれません・・・。

実は、その一つ一つのマイナスの感情から悪い波動が出ていて、悪いエネルギーの塊となって心の中に潜んでいるのです。

で、そういうことが分かったとして・・・、やはり自分の汚い闇の部分に関しては、普通、正面から向き合いたくないというのが私達の本音ですよね。
出来ることなら、避けて通りたい。目を背けたい。見たくないから、蓋をする。・・・でも、蓋をしてしまうと、その汚いものが見えなくなることは確かですが、消えて無くなったわけでは決してありません。

よく考えてみなくてはいけないことは、その悪いエネルギーは蓋をされると、見えない心の中で発酵してその悪いエネルギーが増大してしまうのです。

それが「圧縮エネルギー」となり、やがて爆発する。
どういうことかというと、それはマイナスの圧縮エネルギーなので、自分を傷つける方向のエネルギーとして不運や病気(難病)として現れることになります。

(マイナスエネルギーは、自分を傷つける方向、つまり、自己処罰、自己破壊につながる作用として働きます。)


 ・・・ここでちょっと独り言・・・

小さい頃から、がまんを強いられたり、ポーカーフェイスで辛くても表情に出さないような、俗に良い子だなどと言われて育つ子は、逆に発散をしない分だけイヤだなというマイナス感情に蓋をして、どんどんマイナスエネルギーを溜め込んでしまっている可哀想な子なのかも知れません・・そういう子が多いようにも思います。考えるべきです。(もしそんなような子がいたら、是非、以下に書く方法を教えてあげて下さいね。)


では、いよいよここから、心のデトックスの方法といきましょう。

方法は「内観法」「瞑想法」「座禅」「観念要素の更改(中村天風先生)」「EFT」等、色々あると思いますが、・・・私が今回、ここで提示しておきたい方法は、
「ESR」という方法です。
(「ESR」とは、「エモーショナル ストレス リリース」の略。「ストレス感情の解放」です)

これは、タッチフォーヘルスというキネシオロジー(筋力検査)の治療法の中にある一技法で、実際当院でもよく使っている手技です。


「ESR」のやり方はとっても簡単です。

誰もいない自分の部屋で心を静めて行ないます。

まず、おでこに手を当て、自分の中に潜むマイナス感情を目を閉じて探してみます。
(座位でも寝ていても良いです。)
ESRは、おでこに手を当てて行なうことがポイントです。手の当て方は下の写真を見て参考にして下さい。サーチライトのように、グルグル心の中を探検してみましょう。

そして、一つ見付かったら、おでこに手を当てながら目を閉じ、そのマイナス感情にしっかり焦点を当てます。そのトラウマになっているような辛いことを、ありありと感じるようにしましょう。そうすると、先に書きましたように、顔が歪んできたり、吐き気がしたり、涙が出てきたり、体が震え出す場合もあるかも知れません。でも、辛くても目をそらさず、そのマイナス感情に焦点を当て続けるのです。

ガタガタ震えながらでも、泣きながらでも、身悶えしながらでも、しばらくジッと耐えて、それを見つめていると、そのうちに、そのマイナス感情が薄れてくるのがわかります。
辛い感情が薄れてきて、冷静に、そして楽にその出来事を見れるようになってきたら終了です。


            
                (おでこに手を当てる方法)

 
行なう時間は、1~2分で薄れる場合もあるし、10分以上辛いままの場合もありますが、薄れて落ち着いてきたら終了だと思って下さい。

(あまり大きな問題に取り組んで、やっている途中、耐えられないくらい辛くなってしまった場合は、少し休憩して、少しずつ行なって下さい。やる前に、楽しかったプラスの感情の場所を決めておいて、そこに逃げ込むことも対処法です。)


以上に示しました「ESR」の方法で、次々と「マイナス感情」や「コンプレックス」を探りながら、それを消去していってみて下さい。
(コンプレックスの場合は、自分はそういう人間だということを、しっかり自分の中に受け入れる、認めてしまうということが大切です。)

このESRを日々実行することによって・・・、心の奥底で悪臭を放ち、悪い波動を出し続けていたものが少しずつ消え、心の中がきれいになり、それと同時に、きっと運命や体調も含め、外部の世界も清まっていくことでしょう。

そして自身の表情も、心の中の浄化に伴って、邪気の消えた内面からキラキラと輝いた清々しい良い表情に変わっていくのではないでしょうか。
そうなってきたら嬉しいですね。・・・がんばろう


最後に、今回も関連図書を一冊、ご紹介しておきます。
「腰痛とストレスの関係性」について書かれている本です。
目からウロコの面白い御本ですよ。

     「腰痛は怒りである」


それと、今回と前回の文に関連した良い動画がありますので、こちらもご紹介させて頂きます。きっと良いイメージ作りになると思います。

    「ペインボディを小さくする方法」(動画)
 



ということで、心の中を日々浄化しながら、日常の瞬間を喜びの波長に合わせ、キラキラと生きていきましょう。


今回は、心のデトックスの秘伝でした。

是非、お試しあれ。




 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・



3月3日、おひな様の日。
思いがけず、突然、ダンディな石坂さんが現れて、「お嬢さんに」と言って、わざわざケーキを届けて下さいました。とても驚きましたが、本当に嬉しかったです。
我家の「お嬢さん」の御蔭で、私も美味しくケーキを頂けました。
サッと来て喜びを与え、サッと帰る・・・私もそんなカッコ良い男性になりたいなあと思いました。サンタさんのような石坂さん、本当に有難うございました。



        




 

 



Powered by Flips