「心育て」「体育て」


子供のパワー

投稿日時:2014/07/03 21:19





治療室の待合室には、お待ち頂く方の為に、御本の他に、数種のDVD

用意してあります。


そのDVDに関して、どんな種類のものがあるのかというと、映画等ではなくて、体操法やリンパマッサージ法、誘導瞑想や気功法など、すぐに出来るような健康法で、参考になりそうなものをいくつか用意してあります。


待ち時間があるようでしたら、是非ご利用下さいね。

(器械の使い方がわからなかったら、遠慮なくお聞き下さい。)




の中に「子供に出来て 大人にできないこと」というタイトルのDVDがあります。

このDVDには、「疑いを持たない純粋な子供には、こんなにもスゴイパワーが潜んでいるのですよ」というような驚くべき映像が収められているのです。



   動画  https://www.youtube.com/watch?v=ck9kmS77ojA





      





先日、そのDVDを見たひめちゃんが、早速ご自身のブログにその感想を書いてくれたことは、このブログでもご紹介させて頂きました。

ソレイユ 元気にいこう~



そして・・・何と 

ひめちゃんがハタタケルさんという方にそんな話をしたら、すぐにご自身のメールマガジンにもコメントを書かれたということを聞いたので、「私も読みたいなあ」と言ったら、早速その文をひめちゃんが転送して送ってくれました。



思わぬ急展開に少々驚いておりますが、

ありがとう、ヒメちゃん。




ハタタケルさんと私は、

昨年12月のセミナーに、ひめちゃんのご紹介で参加させて頂いて、一度お目にかかったことがあるのですが、その時に感じた優しいお人柄が滲み出ているような素晴らしい文に感動しました。


いつも奥深い本質を見つめ探求されておられる方は、ちょっと聞いただけでも、ピ~ンと響くというか、サスガという感じです。




 実は、この文章は「有料メルマガ」のものということでしたが、ひめちゃんのお陰で、ここに掲載しても良いとの御了解を得てくれたということですので、その一部を以下に有難く載せさせて頂きます。




ハタさんのご好意に感謝致します。




少々長くなりますが、ハタさん流の心温まる文を、是非お読みになってみて下さい。




・・・天使のような純粋で小さな子供達から、

     私達が見習わなくてはならない事柄が沢山ありそうです・・・。











【心と身体と精神を一致させた

 行動からの一歩を心がけてみよう。】




先日、こんな話を聞きました。
「心と身体と魂(精神)が
 一致した行動をするとき、
 全体統一と言うそうです。


 全体統一ができているとき、
 人はこの地球とつながっていて
 そして、全体統一が
 できているのは、子どもであり、
 大人になると、全体統一が
 できていない人のほうが多いそうです。」


つまり、本当に大人になると
いうことは、成長しながらも
子どもに戻る生き方を感じてみること
なのかもしれないね、という話を
していたのですが、確かに
その通りだなぁと感じます。


人生を輝いて生きている人や
ココロから笑顔で今を
重ねられている人たちに
共通することがあります。


それは、自分を正直に
生きていることです。
つまり、自分の生まれてきた意味と
役割、役目などを自分を
小さく見つめてゆくことで理解をし、
そこに沿った生き方を迷うことなく
重ねてゆくこと。


そして、その人たちは
自然と、心と身体と魂が一致した
行動となる、全体統一に近い
生き方ができているのですね。


また、全体統一をした生き方をすると
地球とつながるという表現が
ありましたが、これは
自分よりもより大きなエネルギーと
つながりやすくなるということ。


自分よりも大きなエネルギーとは
自然であり、地球であり、宇宙であることです。


つまり、自分の自然な在り方に沿って
今を生きている人は、
日々の自分の在り方に逆らわないので
自分を生かしてくれている
地球や宇宙の力とつながった
生き方が自然と出来やすくなり、
結果として、全てにおいて
物事がより良い形になるように
組まれてゆきやすくなるものなんですよね。


それは、常に世界は、
自分がよりよい方向に成長し
発展できるように、促してくれることを
知り、全てをありのままに
委ねることができる生き方でも
あるのですよね。


今のこの話、難しいように見えますが、
実際には、僕たちは皆、
子どものころは、このような姿が
自然と行われていました。


大人になると何故それが
できなくなるかというと、
自分に正直になることよりも、
自分が重ねてきた経験から
生まれた思考を通して
不安や心配といった自分を
守ろうとすることのほうを
どうしても優先してしまうことが
多いからです。


しかし、子どもは
常に自分のあり方にまっすぐで
その時の自分を誰よりも
愛し、誰よりも生きています。


それ以外の生き方を知らないから
でもありますが、しかし
それは自然な生き方として
生来、僕たちが皆、
持っている力なんですよね。


人は意識の高いものに触れると
その意識に感化された生き方をします。


意識の高い人とは、全体統一を
重ねられた生き方をしている人。


つまり、子どもや綺麗な意識を
常に持てている人との
日々の触れ合いやつながりを
持っていることは、その意識を
意識的にも無意識にも共有し、
自分に反映させ、そして、その意識に
伴った生き方を自分もしてゆこうとする
姿勢を創りだします。


そして、その意識はその自分に
触れた周りの人たちにも
いい影響を与えてゆくのですね。


逆を言えば、意識の低いものや
在り方を持っている人と
日々をつながっていると、その影響も
また自然と感化し、自分の不安定な
状態を作り出してもしまうものです。


だからこそ、日々の環境を
どんな環境で誰とつながっているか、
ということがとても大切であり、
そのなかで、全体統一を
重ねられている人や子どもたちに
触れられる生き方ができていることは
素晴らしいものなんですよね。


毎日を通して、自分が
自分らしく輝くことを大切にできる
そんな生き方を重ねてゆくためにも
まずは、自分の内面に目をむけ、
その内面が今、一番何を
求めているか、どんな行動をしたいと
願っているのか。そこに
心を傾けた生き方をしましょう。


そして、自分の心と身体と
魂が一致した生き方が重なってゆける、
そんな在り方を通して、
より自分が自分らしく輝ける
そんな今を勇気を持って
重ねてゆきたいですね^^




・・・ハタさん、本当にありがとうございました・・・



      ハタタケルさんのHPです。













Powered by Flips